メインコンテンツへ


黒豆(くろまめ)こぼれ話

2018.1.10

「おせち料理」に欠かせない"黒豆"の理由(わけ)

「おせち料理」は、季節の節目となる日に神に供える食物「御節供」ですが、今では正月の「おせち料理」が代表のようです。

料理を重箱につめるのは"めでたさを重ねる"という意味で、四段が本来の形だそうです。 正月の三が日をおせちをいただき、主婦の水仕事を控えて骨休めをするために"保存がきく料理法"になっています。

「一の重」は祝い肴・口取りといわれ、黒豆、数の子、ごまめ(田作り)が入ります。
黒豆は、まめ(勤勉)に働き、まめ(健康)に暮らせるように願う一品です。黒豆の黒色は魔除けの力があるといわれ、昔から薬効のある健康食材だったそうです。数の子は"子孫繁栄"で、ごまめ(片口イワシの稚魚を干したもの)は「五万米」と書き、田作りともいわれるのは肥料にすると豊作になるからです。

「二の重」は、焼き物、「三の重」は、酢の物、「与の重」は、煮物で関東でも関西でも"黒豆"は欠かせない食材でした。

機能性表示食品