メインコンテンツへ


黒豆(くろまめ)こぼれ話

2017.2. 1

黒豆煮汁で早めの花粉症対策を!

日本気象協会は今年の花粉予測を「東日本は少なめ」と発表しています。

スギ花粉の飛散は2月上旬から始まる見通しで昨年春より多いのは、近畿や九州、四国で昨年同様は中国、東海、北陸地方、少ないのは関東甲信、東北、北海道地方と予測しています。その理由として飛散数が多い地域は、夏の気温が高く日照時間が長かったことが要因だと発表しています。

さて、花粉症のいやなシーズンが始まりますが対策は充分でしょうか。この花粉アレルギーは、免疫グロブリンE(1gE)という抗体を作る人にあらわれますが、黒豆の煮汁に含まれるビタミンB1や不飽和脂肪酸が炎症を抑え腫れをとる働きがあることが分かっています。黄大豆でアレルギー症状を引き起こす人もいますが、黒豆にはロイコトリエンを作るリポキシナゲーゼを抑える物質が含まれており、活性酸素を除去する働きと相まって、アレルギーの予防につながるそうです。 スギ花粉