メインコンテンツへ


黒豆(くろまめ)こぼれ話

2016.9. 2

認知症予防に黒豆を!

北米神経科学学会で衝撃的な発表がありました。「体重が増えるほど、認知症になる可能性が高い」、調査では、60代を対象とした8年間の追跡で肥満の人では大脳の記憶をつかさどる海馬が1年間で2%近く収縮していくことが明らかにされたからです。

"肥満は万病の元"といわれ生活習慣病の改善の一歩としてメタボ対策が進められてきましたが、認知症予防にも肥満防止が必要なことがわかってきました。
ご存知のように"黒豆ダイエット"がいつも話題になりますが、ダイエット効果だけではなく黒豆には脳の代謝を安定させるレシチンや植物エストロゲンなどの成分が脳の血行不全を改善したりすることもわかっています。

黒豆の豊富な植物栄養素たちが肥満防止だけでなく脳の働きを安定させてくれる"一石二鳥"の働きもあり、国民病といわれる認知症予防のために日常の食生活に黒豆を活用していくようおすすめしたいものですね。